わくわくファクトリー グリコピア・イースト 〈埼玉県北本市〉


  • 和菓子と洋菓子
  • 関東エリア
  • いろいろ楽しむ
  • 体験あり

わくわくファクトリー グリコピア・イースト 〈埼玉県北本市〉

グリコの歴史とグリコピア・イーストのお勧めポイント

グリコピア・イーストの外観 グリコピア・イーストの外観

 1921年創業、大阪に本社を置く「江崎グリコ」は、ポッキーやプリッツ、アイスのジャイアントコーンなどで有名な製菓メーカーです。グリコでは早くから「食育」を企業倫理の一つとしている会社で、1988年には、子どもたちのために食文化を学ぶ場として、工場見学施設「グリコピア」を神戸にオープンさせました。
 グリコピア・イーストは、神戸に次いで2番目、2012年10月にお菓子を見る・知る・学べる「わくわくファクトリー」として、工場見学や体験などができる施設としてオープンしています。

グリコピア神戸のページでも詳細をご紹介しています。合わせてご覧ください。


見どころ・買い物どころ

ポッキーのデコレーションを体験 ポッキーのデコレーションを体験

 「グリコピア・イースト」のメインは、「ポッキーストリート」「プリッツストリート」と呼ぶ工場見学。原料の混合から仕上げ、包装までの生産ラインを見ることができます。さらに、「グリコピア神戸」の大きな違いが、ポッキーのデコレーションなど、オリジナルのお菓子を作ることができる「ミニファクトリー」があること。男の子にも女の子にも大人気のコーナーです。
 そして、やはり最後はショッピング。お土産に工場限定品ももらえます。



グリコピア・イーストのお土産チェック

復古版のパッケージはレトロな雰囲気が人気 復古版のパッケージはレトロな雰囲気が人気

 関西エリアを中心に全国に数箇所あるグリコのバラエティショップ「ぐりこ・や」が、このグリコピア・イーストにもあります。豊富な品揃えで、ぐりこ・やオリジナル商品や限定グッズなど、目移りする楽しさです。特に、復刻版パッケージのものやグリコのレトロデザインなノートなどのグッズは、お土産として喜ばれており、お勧めです。


グリコピア・イーストの基本情報

わくわくファクトリー グリコピア・イースト 埼玉県北本市中丸9-55
http://www.glico.co.jp/glicopia/east/
アクセス お車の場合 首都圏中央連絡自動車道 桶川北本I.C.より約15分
首都圏中央連絡自動車道 白岡菖蒲I.C.より約30分
公共交通の場合 JR北本駅よりバスまたはタクシーで約10分
入場について ★要予約 用意されているガイドコースでのご入場のみです
営業時間 9:30〜16:30
休日 金曜日、お盆、年末年始
施設 工場見学 要予約/ガイドツアーは1日4回
ポッキーとプリッツの製造工程の見学ができます。
展示・見学 カレッジホール(創業物語とチョコレートができるまでを上映)
グリコタウン(グリコのおもちゃなどが展示)
工場見学内:スタジアムホール(クイズなど)
売店 ぐりこ・や(アンテナショップ)
体験 ミニファクトリー(ポッキーのデコレーションなど)
関連施設 お菓子の工園 グリコピア神戸 http://www.glico.co.jp/glicopia_kobe/

グリコピア・イースト周辺のお勧めスポット

 グリコピア・イーストのある埼玉県北本市の一大イベントと言えば、11月上旬に開催される「北本まつり」です。そのメインは「宵まつり」。弘前ねぷたを学んだ扇形の「北本ねぷた」が製作され、伝統のお囃子や山車とともに練り歩きます。
 また、日本五大桜の一つ、名木「石戸蒲桜」は北本市石戸宿の東光寺境内にあります。樹齢800年を超える、国の天然記念物です。この「蒲桜(かばざくら)」とは、自然勾配種と考えられ、世界で唯一の品種。江戸時代の滝沢馬琴の随筆集『玄同放言』の中にも記述があり、挿絵は渡辺崋山が手がけています。