アサヒビール北海道工場 〈北海道札幌市白石区〉


  • ソフトドリンクと酒
  • 北海道エリア
  • 飲食OK
  • 街中

アサヒビール北海道工場 〈北海道札幌市白石区〉

アサヒビールの歴史とお勧めポイント

シェアナンバーワン「アサヒスーパードライ」 シェアナンバーワン「アサヒスーパードライ」

 アサヒビールの前身である大阪麦酒が創業されたのは明治22(1889)年です。その4年後に「アサヒビール」が発売されました。しかしながら、アサヒビールは長く、キリンやサッポロビールの後塵を拝していました。
 その立場から一躍トップに躍り出させたのが、1987年に発売された「アサヒスーパードライ」です。日本初の辛口生ビールとして、その後“ドライ戦争”を巻き起こすほどの大ヒットとなりました。
 現在のアサヒビールは、看板である「スーパードライ」の他、本場ドイツの味にこだわった「ザ・マスター」、「黒生」、イギリスタイプの「スタウト」などが人気です。また「クリアアサヒ」や「アサヒ オフ」など、発泡酒や第3のビールが充実しているのが特徴的でしょう。


見どころ・買い物どころ

アサヒビール北海道工場と併設するビール園アサヒビール北海道工場と併設するビール園

 アサヒビール北海道工場の工場見学のツアーは約75分。映像での解説や、ろ過室、缶に詰める製造ラインなどを見学したあと、広々としたゲストホールで出来たての生ビールが試飲できます。
 北海道工場の良さは、札幌市営地下鉄東西線の白石駅から徒歩約7分というロケーション。ビール工場は、交通の便が良くないところも多いですが、東西線は本数も多い上、札幌の大通駅から白石駅まで10分もかかりませんので、車で行くより、公共交通を利用して、ビールを楽しんで帰ることがお勧めです。
 工場内にあるアサヒビール園も、4つのレストランが入っていて充実。ジンギスカンの「はまなす館」や、魚介やお寿司、スウィーツなども並び、お子様にも人気のある焼肉レストラン「ロイン亭」、ラム料理のLamb&Grillピルゼン、堀ごたつとイス席がある和食の「生簀旬菜 花ゆら」など、お好みによって選べるのも魅力です。

※北海道以外にもアサヒビールでは各地で工場見学を受け付けています。各地の主なアサヒビール工場のページでご紹介していますので、合わせてご覧ください。
※アサヒのファクトリーショップについては、ニッカウヰスキー余市蒸留所のページでもご紹介しています。



アサヒビール北海道工場のお土産チェック

オリジナル商品がそろうギフトショップ オリジナル商品がそろうギフトショップ

 ビール工場に行ったら、まずは出来たて新鮮なビールをぜひお土産に。合わせてアサヒのロゴがデザインされているグラスもチェックしてみてください。中でもお勧めは陶器のジョッキ。ビールはガラスでと思っていらっしゃる方も多いかと思いますが、陶器はあらかじめ冷やしておけば、グラスよりも長時間温度を保ちますので、夏の日に野外で飲むのに最適です。ギフトショップには、スーパードライをクリーミーな泡で楽しめるようにと作られている「スーパードライ陶製ジョッキ」もあります。
 他にも、ビール酵母を使った食品や、ビール樽に入ったお菓子、アサヒのノベルティグッズなど、工場でしか買えない限定品が満載です。


アサヒビール北海道工場の基本情報

アサヒビール北海道工場 北海道札幌市白石区南郷通4南1-1
http://www.asahibeer.co.jp/brewery/hokkaido/
アクセス お車の場合 道央自動車道 札幌南I.C.より約20分
道央自動車道 大谷地I.C.より約15分
公共交通の場合 地下鉄東西線 白石駅より徒歩約7分
入場について ★要予約 工場見学とビール園などの施設は別
営業時間 9:00〜17:00(施設によって時間がことなります)
休日 年末年始、指定休日
施設 工場見学 要予約/ガイドツアーに参加、試飲(ゲストホール)
売店 ギフトショップ
飲食 アサヒビール園白石:はまなす館(ジンギスカンなど)、ロイン亭(焼肉バイキング)、Lamb&Grillピルゼン(ラム肉の焼く・煮る・蒸し料理)、生簀旬菜 花ゆら(和食)

アサヒビール北海道工場周辺のお勧めスポット

札幌大通公園の初夏 札幌大通公園の初夏

 アサヒビール北海道工場は、札幌市の中心部から近く、タクシーや地下鉄を利用すれば、いろいろと観光スポットがあります。
 まずはタクシーで15分のところにある札幌ドーム。地下鉄ですと乗り換えが不便ですので、車でまっすぐ行くのがお勧めです。さらにその先には、クラーク博士の像でも有名な、札幌有数の景勝地「さっぽろ 羊ヶ丘展望台」があります。天気が良ければ、札幌の街並みが一望できます。ちなみに工場からまっすぐ車でいっても約20分で展望台です。
 電車で札幌の中心部に戻るのなら、東西線の大通駅で降りて、大通公園へ。春から夏にかけて美しい花々が咲き乱れて散策には最適ですし、冬は雪祭りやホワイトイルミネーションなどのイベントもあります。