茶園 グリンピア牧之原 〈静岡県牧之原市〉


  • ソフトドリンクと酒
  • 東海エリア
  • 飲食OK
  • 体験あり
  • 自然

茶園 グリンピア牧之原 〈静岡県牧之原市〉

グリンピア牧之原の歴史とお勧めポイント

特に新茶の季節に大人気のグリンピア牧之原 特に新茶の季節に大人気のグリンピア牧之原

 静岡の中部、牧之原台地は、日本でも有数のお茶の産地です。その地にある喜作園の創業は昭和8(1933)年。緑茶を中心に、紅茶、烏龍茶、健康茶等も扱っているところが特徴で、さらに全国でも珍しいお茶の創業施設「グリンピア牧之原」を運営しています。
 そういった喜作園の活動に対して、2007年には緑茶を国内外に発信することを目的とした世界緑茶協会(本部:静岡)は、緑茶の振興に寄与したものに贈るパイオニア賞に選びました。


見どころ・買い物どころ

ガラス越しの製造ラインを見学 ガラス越しの製造ラインを見学

 「グリンピア牧之原」では、生葉の加工、仕上げ、出荷の全工程が見学できるようになっており、加えて4月下旬から10月上旬までは茶摘み体験も行っています。茶摘みはなかなかできない貴重な体験の上、ポスターに見るような伝統的な茶摘み衣装のレンタルもあって、大人気となっています。
 園内には、築140年の農家を改築したレストランでお茶づくしの料理も魅力的。煎茶の天塩でいただく天ぷらや茶そば、茶飯などなど、お茶と駿河の味覚が満載です。  そして最後はもちろんショッピング。こだわりのお茶の数々に、お茶うけ、茶器などもあって、産地直売ならではの品揃えです。



グリンピア牧之原のお土産チェック

煎茶を入れた「茶っ刈りクッキー」 煎茶を入れた「茶っ刈りクッキー」

 牧之原は、「深蒸し茶」発祥の地とされています。深蒸し茶とは、通常の煎茶よりも蒸す時間を長くして、まろやかな味わいにした、濃い緑色のお茶。グリンピアでもこだわりの「深蒸し茶 朝比奈原」が一番人気です。手軽なティーバッグも、本格的な茶園のものですから、一味も二味も違うおいしさ。こちらもお勧めです。
 グリンピアのもう一つのお勧めが、「緑のアールグレイ南十字星」。世界初のカフェインコントロールの緑のアールグレイ(柑橘系のフレーバーティ)。ベルガモットの爽やかさと緑茶のすっきりとした味わいが、大人気で、アイスティにもぴったりです。


グリンピア牧之原の基本情報

グリンピア牧之原(喜作園) 静岡県牧之原市西萩間1151
http://grinpia.com/
アクセス お車の場合 東名高速 相良牧之原I.C.より約10分
公共交通の場合 JR菊川駅よりタクシーで約15分
JR金谷駅よりタクシーで約20分
入場について ★予約不要 気軽にお立ち寄りいただけます
営業時間 10:00〜17:00
休日 年末年始
施設 工場見学 自由見学/予約不要
売店 逸品館
飲食 味処 丸尾原
体験 お茶摘体験(4月下旬〜10月上旬) お茶教室(お茶のできるまで、上級茶葉のお茶の入れ方)

グリンピア牧之原の基本情報

 グリンピア牧之原から車で約30分、国の重要文化財「大鐘家」があります。大鐘家は江戸時代の大庄屋であり、三千石以上の格式のある豪農でした。その住居は江戸時代初期に立てられた大きな屋敷であり、見事な丹羽や襖絵などの宝物もあって、見どころの多いところとなっています。また、庭園の紫陽花も有名で1万2千本が咲き乱れる名所です。  また、グリンピアから車で15分程度のところには、遠州七不思議の一つ「子生まれ石」の伝説が残る「大興寺」があります。近くには温泉会館「さがら子生まれ温泉」があり、源泉掛け流しの温泉と、お食事ができますので、休憩には最適です。