高級洋食器の大倉陶園 〈神奈川県横浜市戸塚区〉


  • 食器とキッチン
  • 関東エリア

高級洋食器の大倉陶園 〈神奈川県横浜市戸塚区〉

大倉陶園の歴史とお勧めポイント

美術的価値のある大倉陶園の手描きの絵付美術的価値のある大倉陶園の手描きの絵付

 大倉陶園は、大正8(1919)年に、美術的価値の高い磁器制作を目的に創立されました。「セーブル(フランス)のブルー、オークラのホワイト」と言われ、純白に輝く美しい白磁を発表し、高い評価を受けています。また、日本伝統の陶磁器の技法に加えて、漆蒔絵や日本画の技法を取り入れるなど、高度な装飾の技によって、洋食器の分野における美術工芸品の最高峰と言われています。
 現在でも大倉陶園は、日本が誇る高級食器のトップブランドであり、皇室や迎賓館にも正餐用の食器を納めています。その品格溢れる食器に憧れを持つ人は多く、世界中にファンがいます。


見どころ・買い物どころ

直営店ならではのオリジナル、オーダーメイドもあります 直営店ならではのオリジナル、オーダーメイドもあります

 横浜市戸塚にある大倉陶園の本社には、工場併設のショップがあります。大倉陶園では直営店が他にも3ヶ所ありますが、本社店の品揃えは他とは違いますし、オリジナル品やオーダーなどの注文も受けてもらえます。
 また、不定期ではありますが、工場見学も実施しています。一般でも実施していますが、「コレクターズクラブ」の会員になれば、会員限定商品や工場見学会、特別展示会などもあります。
 さらに、大倉陶園ではチャイナペインティングスクールを運営しており、国家検定一級技能士の資格を持つ、大倉陶園の伝統のペインティング技法を基礎から研究レベルまで学ぶことができる本格的な教室です。こちらも不定期ですが、体験教室の企画もあります。



大倉陶園のお土産チェック

大倉陶園の伝統「ブルーローズ」 大倉陶園の伝統「ブルーローズ」

 大倉陶園は高級食器を製作販売しています。そのため、自分のための‘とっておき’を探すつもりでショッピングを楽しんでください。本社店は、品揃えが豊富ですので、存分に悩みながら選ぶことができます。
 中でも、大倉陶園の代名詞と言えば、「ブルーローズ」。青一色で柔らかく濃淡を付けて幻想的に描かれたバラは、長く愛され続けており、カップ、ポットと、少しずつ集めていくファンもいます。また、クリスマス、干支、年初の歌会始めをモチーフに、毎年イヤープレートを制作しています。これも陶磁器ファンに大人気のコレクターアイテムです。


大倉陶園の基本情報

大倉陶園 神奈川県横浜市戸塚区秋葉町20
http://www.okuratouen.co.jp/shop/factory/
アクセス お車の場合 横浜新道 川上I.C.または戸塚I.C.より約10分
公共交通の場合 JR戸塚駅よりタクシーで約15分
JR東戸塚駅よりタクシーで約10分
入場について ★予約不要 気軽にお立ち寄りいただけます(通常はショップのみ)
営業時間 10:00〜17:00
休日 土日祝日
施設 工場見学 不定期で実施/要問い合わせ
売店 本社店(ファクトリーショップ)

大倉陶園周辺のお勧めスポット

八景島シーパラダイスのイルカショー 八景島シーパラダイスのイルカショー

  大倉陶園のある横浜は人気の観光地ですが、ここでは大倉陶園からのドライブでお勧めのスポットをいくつかご紹介します。
 大倉陶園本社から車で30分行くと、「金沢自然公園」があります。園内には、金沢動物園、植物区、バーベキュー広場、レストランがあって、子どもから大人まで、ゆったりと散策を楽しむことができます。
 金沢自然公園の近くには、中世歴史博物館「金沢文庫」があります。絵画や彫刻・工芸品、古書など貴重なコレクションがあります。
 金沢文庫から、さらに海まで進めば、八景島です。人気のテーマパーク「八景島シーパラダイス」は、水族館の他に、レストランやショップもたくさんあり、ホテルはカップルにも大人気です。